Custom Home

買取金額の妥当性を見極めるためには相場を知ろう

不動産買取においては、人により、事情により、何を重視するかに大きな差があります。早く不動産買取してもらうことでタイムリーにキャッシュを手に入れることが大切という場合もあれば、どれだけ待ってもいいからとにかく入手する現金の額が大きい方がいいという場合もあります。前者の場合は不動産買取の専門業者へ依頼するのが正解ですし、後者の場合は、仲介を利用して不動産買取してもらうのが適切でしょう。
ただ、後者の場合に一点、気をつけなければならないことは、高額で不動産買取して欲しいと思うあまり、「査定金額が高いか低いか」という点だけで業者を評価してしまうことです。査定金額を見る時には、あくまでも相場と比べた時に初めて高いか低いかを決められるということを忘れてはいけません。相場から考えてむやみと高い金額を「査定金額」と称して提示された場合、それは単に、額面が高ければ契約してもらえるという業者の思惑に乗せられているだけの可能性が高いです。こうした場合は、査定金額では買い手が見つからないという理由で、段階的に値引き交渉されることを覚悟した方がいいでしょう。
専門業者に買取してもらうか仲介に頼むかは、事情により適切な方を選択すべきですが、いずれの場合もまずは相場に関する知識ありきである点、しっかりおさえておきましょう。

イチオシコンテンツ

最新記事一覧

SITE MAP